用語集

ロブウェッジ

解説

ロブウェッジは、ゴルフクラブの一種です。ロブウェッジは、フェースに多くのロフト角(約60度~70度)が付いており、グリーン周りの短い距離を正確に打ち出すためのクラブです。

ロブウェッジは、グリーン周りのバンカーやラフからボールを出す際によく使われます。また、グリーン周りの短い距離を直接打ち出す際にも使用されます。

ロブウェッジを打つには、ボールを低い位置に置き、クラブを大きく上げ下げします。ボールをインパクトで下から上へ打ち抜くことで、ボールが高く上がり、短い距離を正確に飛ばすことができます。

ロブウェッジは、コントロールが難しいショットですが、上手に打つことができれば、ピンに近づいてアプローチすることができます。

ロブウェッジを打つコツは、次のとおりです。

ボールを低い位置に置く。
クラブを大きく上げ下げする。
ボールをインパクトで下から上へ打ち抜く。
ロブウェッジを上手に打つためには、練習が必要です。練習を積み重ねることで、ロブウェッジをマスターすることができます。