用語集

ローボール

解説

ローボールとは、ゴルフ用語で、飛球線が低いボールのことを指します。

ローボールは、以下のメリットがあります。

風の影響を受けにくい
ランが少ないため、グリーンに近づきやすい
障害物を越えやすい
ローボールを打つためには、以下のポイントを意識しましょう。

ボールを高く上げないようにする
ヘッドの入射角をゆるやかにする
フェースの下部でボールをとらえる
ローボールは、ゴルフのプレーにおいて、重要な技術の一つです。ローボールをマスターすることで、様々な状況に対応できるようになるでしょう。

以下に、ローボールの特徴をまとめます。

飛球線が低い
風の影響を受けにくい
ランが少ない
グリーンに近づきやすい
障害物を越えやすい
ローボールは、ゴルフのプレーにおいて、欠かせない技術の一つです。ローボールをマスターすることで、ゴルフのスコアアップを目指しましょう。

ローボールを打つための具体的な練習方法としては、以下のようなものが挙げられます。

ティアップを低くする
ボールを高く上げないように意識して打つ
フェースの下部でボールをとらえる練習をする
また、ローボールを打つためのクラブとしては、以下のようなものが挙げられます。

ロフト角が小さいクラブ(ウェッジやサンドウェッジなど)
フェースの下部でボールをとらえやすいクラブ(マッスルバックアイアンなど)
自分のレベルやプレースタイルに合わせて、ローボールを打つための練習方法やクラブを選びましょう。