用語集

ロングサム

解説

ロングサムとは、ゴルフ用語で、クラブを握った時の左手親指がクラブに沿って長く伸びている状態のことを指します。

右利きの場合、左手の親指の第一関節が人差し指の外側に出ていれば、ロングサムです。

ロングサムで握ると、手とシャフトがなす角度が小さくなるため、ハンドダウンになります。ハンドダウンとは、構えた時の両手が自分にとって最適なポジションよりも低い位置に来ている状態のこと。

ロングサムは、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

手首のコックを使いやすくなる
インパクトでヘッドをスクエアに当てやすくなる
デメリット

クラブをコントロールしにくい
ミート率が低下する
ロングサムは、手首のコックを使いやすくするため、ボールにスピンをかけるショットに適しています。しかし、クラブをコントロールしにくいため、ミスショットしやすくなるというデメリットもあります。

ロングサムは、個人の好みやレベルによって、使い分ける必要があります。

以下に、ロングサムの特徴をまとめます。

左手親指がクラブに沿って長く伸びている
ハンドダウンになりやすい
手首のコックを使いやすくなる
クラブをコントロールしにくい
ミート率が低下する可能性がある
ロングサムは、ゴルフのプレーにおいて、重要な握り方の一つです。ロングサムのメリットとデメリットを理解し、自分のプレースタイルに合った握り方を身につけましょう。