用語集

明治の大砲

解説

明治の大砲とは、ゴルフ用語で、スイング時に体重が後ろに残ったまま、フィニッシュしてしまう動作のことを指します。

明治時代の大砲は、車輪がついているため、砲弾を発射した後、反動で後ろに下がってしまうことがありました。このことから、体重が後ろに残ったままフィニッシュしてしまう動作を、明治の大砲と呼ぶようになりました。

明治の大砲は、スイングのバランスが崩れ、コントロールが難しくなるため、ミスショットの原因となります。

明治の大砲を防ぐためには、以下のポイントを意識しましょう。

ダウンスイングで右足に体重を乗せる
インパクトで体重を左足に移す
フィニッシュで左足に体重を残す
明治の大砲は、ゴルフのスコアアップを阻む要因の一つです。明治の大砲を防ぐことで、ミスショットを減らし、スコアアップを目指しましょう。

以下に、明治の大砲の特徴をまとめます。

スイングのバランスが崩れる
コントロールが難しくなる
ミスショットの原因となる
明治の大砲は、ゴルフのプレーにおいて、避けたい動作の一つです。明治の大砲を防ぐことで、ゴルフのスコアアップを目指しましょう。