用語集

ラテラルウォーターハザード

解説

2019年新ルールからウォーターハザードまたはラテラルウォーターハザードは廃止され、ペナルティエリアという名称に変更となりました。池やクリークといった水域に限らず、ブッシュや崖などの区域、すべてをペナルティエリアとして一括に設定。救済方法は次のどれかとなります。1.そのまま打つことができればスルーして打てる(無罰)。

2.元の位置に戻る。元の位置から1クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップする(1罰打)。

3.ボールが最後に横切った地点とホールを結ぶ線上、その後方に基点を決め、そこから1クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップする(1罰打)。

4.ボールが最後に横切った地点から、2クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップする(1罰打)。