用語集

ランニングアプローチ

解説

ランニングアプローチとは、グリーン周りの距離が短い場合に、ボールを転がしてピンに寄せるショットです。通常のアプローチショットよりも、ボールを低く打ち、ロフトを寝かせることで、ボールに転がりのスピードを与えます。ボールの位置は右足寄りに置き、ハンドファーストに構えます。スイングは、ゆっくりと低い軌道でボールを打ちます。ボールを転がしてピンに寄せたい場合に、ランニングアプローチが有効です。

ランニングアプローチのメリットは、次のとおりです。

ボールを転がすことで、ピンに寄せやすい。

通常のアプローチショットよりも、距離をコントロールしやすい。

ライが悪い場合でも、ボールを打ちやすい。

ランニングアプローチのデメリットは、次のとおりです。

ピンをオーバーしてしまう可能性がある。

ボールを止めるコントロールが難しい。

ランニングアプローチは、グリーン周りの距離が短い場合に、ボールを転がしてピンに寄せたい場合に有効なショットです。上手く使いこなせれば、スコアアップにつながります。