用語集

マッスルバック

解説

マッスルバックとは、ゴルフクラブのヘッドの形状の一種で、ソールがフラット(平ら)で、フェースが厚く、トウとヒールが丸みを帯びた形状をしています。マッスルバックは、1940年代から1960年代にかけて流行したクラブです。

マッスルバックは、他のクラブよりも重量があり、重心が低いため、インパクト時のコントロールが難しいというデメリットがあります。しかし、マッスルバックは、インパクト時のインパクトエリアが大きく、ボールを打った際の打感が非常に良いというメリットがあります。

マッスルバックは、現在ではほとんど使われていませんが、上級者を中心に愛好家が多いクラブです。