用語集

マッチプレー

解説

マッチプレーとは、ゴルフにおいて、プレーヤー同士がホールごとの勝負を行い、より多くのホールを勝ったプレーヤーが勝者となる競技です。マッチプレーは、ストロークプレーと並んで、ゴルフの2大競技のひとつです。

マッチプレーでは、プレーヤー同士がホールごとの勝負を行います。ホールを勝ったプレーヤーには1ポイントが加算され、ホールを負けたプレーヤーには0ポイントが加算されます。プレーヤー同士の勝敗は、ホールごとの勝利数で決定されます。

マッチプレーは、ストロークプレーとは異なり、プレーヤー同士の勝敗がホールごとに決定されます。そのため、マッチプレーでは、常に勝利を目指してプレーする必要があります。

また、マッチプレーでは、プレーヤー同士が直接対戦するため、より白熱した試合を楽しむことができます。

マッチプレーは、ゴルフの2大競技のひとつであり、プロの大会でも多く開催されています。マッチプレーは、ゴルフの技術だけでなく、戦術やメンタルも問われる競技です。