用語集

チョークアップ

解説

チョークアップとは、ゴルフにおいてグリップエンドを握る位置を下げることをいいます。これにより、クラブを短く握り、飛距離を抑えることができます。

チョークアップは、以下のような場合に有効です。

ピンが近くにある場合

ボールをコントロールしたい場合

ボールを低く打ち出したい場合

チョークアップは、グリップエンドを握る位置を下げるだけなので、簡単に行うことができます。しかし、チョークアップをすると、クラブを短く握るため、スイングスピードが落ちやすくなります。そのため、チョークアップを行う場合は、スイングスピードを意識して行うようにしましょう。

チョークアップは、ゴルフのショットにおいて有効なテクニックです。しかし、チョークアップを過度に行うことは、スイングスピードを落とす原因となるため、注意が必要です。