用語集

センターシャフト

解説

センターシャフトとは、パターのシャフトがヘッドの中央に近い部分に取り付けられているパターのことを指します。

センターシャフトのパターは、シャフトの延長線上に重心があるため、重心距離がゼロ、あるいは限りなくゼロに近い数値となっています。このため、インパクト時にボールを正確に捉えやすく、方向性とコントロール性に優れています。

センターシャフトのパターは、初心者から上級者まで幅広いゴルファーに愛用されています。

センターシャフトのパターのメリットは、以下のとおりです。

・ 方向性とコントロール性が優れている

・ インパクト時にボールを正確に捉えやすい

・ ヘッドが重く、スイングが安定する

センターシャフトのパターのデメリットは、以下のとおりです。

・ スイング軌道が安定していないと、ボールが曲がりやすくなる

・ 慣れるまでに時間がかかる

センターシャフトのパターは、ゴルファーの好みやレベルによって、向き不向きがあります。方向性とコントロール性を重視するゴルファーや、ヘッドが重く安定したスイングを好むゴルファーにおすすめです。