用語集

ケイマンボール

解説

ケイマンボールとは、ゴルフボールの一種で、一般的なゴルフボールの半分程度の飛距離しか出ないボールです。

ケイマンボールは、1990年代に、ゴルフの帝王と呼ばれるジャック・ニクラウスによって考案されました。ニクラウスは、ゴルフをもっと気軽に楽しむために、ケイマンボールを開発したと言われています。

ケイマンボールの特徴は、以下のとおりです。

・ 飛距離が半分程度で、ゴルフ場の広い土地を必要としない
・ 初心者でも簡単にプレーできる
・ 男女や年齢に関係なく、誰でも楽しめる

ケイマンボールは、ゴルフ場だけでなく、公園や河川敷などでもプレーすることができます。また、ケイマンボールは、子どもや高齢者のゴルフ教室でも使用されています。

ケイマンボールは、ゴルフをもっと身近に、もっと楽しむための新しい選択肢として、注目されています。