用語集

傾斜地

解説

傾斜地とは、ゴルフコースの地形が平坦ではなく、上り坂や下り坂になっている地形のことを指します。

傾斜地からのショットは、平坦な地形からのショットとは異なり、ボールの飛び方や方向が大きく変わる可能性があります。そのため、傾斜地からのショットは、平坦な地形からのショットよりも、正確な技術と判断力が求められます。

傾斜地からのショットの基本的なポイントは、以下のとおりです。

・ ボールをいつもより高く置く
・ ボールを打つ方向に合わせて、体重を傾ける
・ スイングは、傾斜に沿って行う

傾斜地からのショットは、練習を重ねて、上手に打てるようにしましょう。

傾斜地の種類は、大きく分けて4つあります。

・ 左足上がり
・ 左足下がり
・ つま先上がり
・ つま先下がり

それぞれの傾斜地には、特徴的な飛び方や方向の変化があるので、覚えておくと役立ちます。

左足上がりの傾斜地は、ボールが右に飛びやすくなります。
左足下がりの傾斜地は、ボールが左に飛びやすくなります。
つま先上がりの傾斜地は、ボールが左に曲がりやすくなります。
つま先下がりの傾斜地は、ボールが右に曲がりやすくなります。

傾斜地からのショットは、ゴルフのスコアを左右する重要な要素です。傾斜地の特徴を理解して、正しい技術を身につけて、傾斜地からのショットを攻略しましょう。