用語集

セミラフ

解説

セミラフとは、フェアウェイとラフの間にある、芝の長さがフェアウェイよりも長く、ラフよりも短い区域のことです。また、ファーストカットとも呼ばれます。

セミラフは、フェアウェイを大きく広げ、ラフを小さくすることで、プレーヤーにフェアウェイにボールを運ばせることを促すために設けられています。

セミラフの芝は、フェアウェイよりも長いため、ボールが転がりにくくなり、ラフよりも短いため、ボールが絡まりにくくなります。そのため、セミラフに入ったボールは、フェアウェイから打つよりも、ボールをつかまえにくくなり、飛距離が出にくくなります。

セミラフは、プレーヤーの戦略性を引き出すために重要な要素の一つです。セミラフに入ったボールをどのように打つかによって、スコアに大きな影響を与える可能性があります。

以下に、セミラフの特徴をまとめます。

・ フェアウェイとラフの間にある

・ 芝の長さがフェアウェイよりも長く、ラフよりも短い

・ ボールが転がりにくく、絡まりにくい

・ プレーヤーの戦略性を引き出す重要な要素