用語集

ウォーターショット

解説

ウォーターショットとは、水の中にあるボールを打つことです。

ゴルフでは、ボールがウォーターハザード内にある場合でも、ボールを打つことが可能である場合には、無罰でボールを打つことが出来ます。

ただし、スイング前にクラブが水面や、水面にある水草に当たるのは違反となり、2打罰です。

ウォーターショットは、ボールが浮いているため、飛距離が短くなる傾向があります。

また、水の抵抗によって、ボールの方向性がブレやすくなります。

ウォーターショットを成功させるためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

・ ボールが浮いていることを意識して、低い弾道で打つ。
・ ボールを強く打たずに、コントロールを重視して打つ。
・ ボールの位置を正確に狙う。

ウォーターショットは、練習を重ねて身につけましょう。

以下に、ウォーターショットのメリットを簡単に説明します。

・ ボールを打つことが可能である場合には、無罰で打つことができる。
・ グリーンに近い場所のウォーターハザードからのショットでは、無罰で打つことで、スコアアップにつながる可能性がある。

ウォーターショットは、ゴルフの技術向上に欠かせない技術です。

また、ウォーターショットは、プレーヤーの自信を高めることにもつながります。

ウォーターハザードを攻略できたとき、プレーヤーは大きな達成感を得ることができます。

この達成感は、プレーヤーをさらに練習に励ませ、技術向上につながります。