用語集

ウォーカーカップ

解説

ウォーカーカップは、ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリューズ(R&A)と全米ゴルフ協会(USGA)が共催する男子アマチュアゴルフの英米対抗戦です。

1922年に創設され、毎年2年に一度、セント・アンドリューズで開催されています。

試合は、午前中にフォアサム、午後にシングルスの計18ホールで行われます。

フォアサムは、2人のプレーヤーがペアを組んで対戦する方式です。

シングルスは、1対1で対戦する方式です。

ウォーカーカップは、ゴルフ界でも最も権威のあるアマチュアゴルフの国際大会であり、世界中から優秀なアマチュアゴルファーが集まります。

以下に、ウォーカーカップの特徴を簡単に説明します。

・ 毎年2年に一度、セント・アンドリューズで開催される。
・ 午前中にフォアサム、午後にシングルスの計18ホールで行われる。
・ ゴルフ界でも最も権威のあるアマチュアゴルフの国際大会である。

ウォーカーカップは、ゴルフの歴史と伝統を象徴する大会であり、世界中のゴルフファンから注目されています。