用語集

打ちおろし

解説

打ち下ろしとは、ボールを打つ地点よりもボールが落下する地点の方が低い位置にあるホールのことを指します。

打ち下ろしのホールでは、ボールは下向きに打たれて、飛距離が伸びやすくなります。

しかし、その分、ボールの落下地点が打つ位置よりも低い位置にあるため、視覚的な錯覚が起きやすく、距離感を見誤りやすいというデメリットもあります。

打ち下ろしのホールを攻略するためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

・ 飛距離が伸びることを考慮して、番手を1つ小さめにする。
・ ボールを低く打つために、クラブのヘッドを上げすぎないようにする。
・ ボールを打つ位置を低くする。
・ 視覚的な錯覚を避けるために、ボールを高めに見る。

打ち下ろしのホールは、ゴルフコースの難易度を下げる要素の一つです。

打ち下ろしのホールを攻略できるようになれば、スコアアップにつながります。

以下に、打ち下ろしの特徴を簡単に説明します。

・ ボールを打つ地点よりもボールが落下する地点の方が低い位置にある。
・ 飛距離が伸びやすい。
・ 視覚的な錯覚が起きやすい。

打ち下ろしは、ゴルフコースの重要な要素の一つです。

打ち下ろしの特徴を理解し、対策をすることで、効率的に攻略できるようになります。