用語集

ウエストエリア

解説

ゴルフ用語の「ウエストエリア」とは、コース内にある、芝が植えられていない場所のことを指します。

ウエストエリアは、バンカーのように見えますが、ルール上はスルー・ザ・グリーンと定義されています。

したがって、ウエストエリアでは、クラブをソールしてボールを打つことができます。

ウエストエリアは、コースの景観や自然を守るために設けられたものです。

また、ウエストエリアは、コースの難易度を高めるためにも役立っています。

ウエストエリアにボールが入った場合は、通常のバンカーよりもショットするのが難しくなります。

ウエストエリアにボールが入らないように、注意してプレーしましょう。

以下に、ウエストエリアの特徴を簡単に説明します。

・ 芝が植えられていない場所
・ クラブをソールしてボールを打つことができる
・ コースの景観や自然を守るために設けられている
・ コースの難易度を高めるためにも役立っている

ウエストエリアは、ゴルフコースの重要な要素の一つです。