用語集

ウイークグリップ

解説

ゴルフ用語の「ウィークグリップ」とは、グリップを握ったときに、左手の親指がグリップの真上より指2本分以上、右にある状態の握り方です。

ウィークグリップは、ゴルフグリップの基本的な握り方の一つです。

ウィークグリップの特徴は、フェース面が閉じやすく、スライスボールが出やすいことです。

そのため、スライスボールに悩んでいる人におすすめです。

また、ウィークグリップは、左手が浅く握るため、力が入りにくく、手打ちになりにくいというメリットもあります。

ウィークグリップを身につけるためには、正しい握り方を覚えることが大切です。

ウィークグリップの握り方は、以下のとおりです。

  1. クラブを握る前に、両手を軽く握り、両手首を固定する。
  2. 左手でグリップを握る。左手の親指は、グリップの真上より指2本分以上、右にある状態にする。
  3. 右手でグリップを握る。右手は、左手の親指を覆うように握る。
  4. 両手でグリップを握る際には、両手首を固定したまま、両手をしっかりと握る。

ウィークグリップをマスターすることで、スライスボールを打ちやすくなり、スコアアップにつながるでしょう。

ただし、ウィークグリップは、飛距離が落ちやすいというデメリットもあります。

そのため、飛距離を重視するゴルファーには、適していないと言えるでしょう。