用語集

イーブン

解説

ゴルフ用語の「イーブン」とは、ストロークプレーとマッチプレーの2つの意味があります。

ストロークプレーでは、パープレーと同じ意味で使われます。

つまり、イーブンパーとは、パー72で設定されたコースであれば、72打で競技を終了したことを意味します。

マッチプレーでは、両者引き分けている状態のことを指します。

マッチプレーでイーブンだった場合には、勝敗を決めるために、延長戦を行います。

以下に、それぞれの意味を詳しく説明します。

・・ストロークプレーにおけるイーブン・・

ストロークプレーは、各ホールの規定打数(パー)を競う競技方式です。

そのため、全ホールの合計打数がパーと等しい場合、イーブンパーとなります。

イーブンパーであれば、そのラウンドは平均的なプレーができたと言えるでしょう。

・・マッチプレーにおけるイーブン・・

マッチプレーは、各ホールの勝敗を競う競技方式です。

1ホールの勝敗は、そのホールの規定打数(パー)より少ない打数でホールアウトしたプレーヤーが勝利します。

そのため、全ホールの勝敗が同数である場合、イーブンとなります。

マッチプレーでイーブンになった場合、勝敗を決めるために、通常は、3ホールの延長戦が行われます。