用語集

コントロールスイング

解説

コントロールスイングとは、飛距離よりも方向性を重視したスイングです。

コントロールスイングでは、普段よりも振り幅の小さいコンパクトスイングで打つことで、コントロール性を高めます。また、正しいアドレスをすることも重要です。

コントロールスイングは、以下の場面で役立ちます。

・ フェアウェイからピンを狙う場合

・ 狭いホールで距離を抑えたい場合

・ バンカーやラフから脱出する場合

コントロールスイングをマスターすることで、コースマネジメントの幅が広がり、スコアアップにつながります。

200文字以内で説明すると、以下のようになります。

コントロールスイングとは、飛距離よりも方向性を重視したスイングであり、普段よりも振り幅の小さいコンパクトスイングで打つことで、コントロール性を高めます。