用語集

コントロールショット

解説

「コントロールショット」とは、フルショットをせずに、最大飛距離を犠牲にして、距離と方向性という両方の正確性を優先させた打ち方のことを指します。

コントロールショットは、以下のような状況で有効です。

・ 風が強く吹いているとき

・ 打ち下ろしのティーショット

・ 林の中や前方に木や枝があるとき

・ ライン出しでグリーンを狙うとき

コントロールショットをするには、以下の点に注意しましょう。

・ スイングを小さくする

・ ボールをより右に置く

・ インパクトでクラブとボールをぶつけないようにする

また、コントロールショットは、フルショットに比べて精度が求められるため、練習を重ねてコツをつかむことが大切です。

コントロールショットをマスターすることで、コース攻略の幅が広がり、スコアアップにつながります。