用語集

コック

解説

コックとは、ゴルフスイングにおいて、バックスイングで手首を折る動作のことです。

コックをすることで、手首に力が加わり、ヘッドスピードを上げることができます。また、コックをすることで、クラブのヘッドをタメることができ、インパクトでより強いインパクトを実現することができます。

コックは、バックスイングでクラブが地面と平行になるあたりで、手首を親指側に折る動作で行うのが一般的です。

コックの角度は、自分の体格やスイングスタイルによって異なります。一般的には、90度程度のコックが理想とされています。

コックは、ゴルフスイングにおいて重要な要素のひとつです。コックをマスターすることで、飛距離アップや方向性の向上が期待できます。

コックの際に注意すべき点は、以下のとおりです。

・ 手首を無理に折らない

・ コックの角度が一定になるようにする

・ コックをリリースするタイミングを意識する

コックを無理に折ると、手首や肘に負担がかかり、怪我の原因になることがあります。また、コックの角度が一定でないと、スイングが安定しません。コックをリリースするタイミングは、インパクトの瞬間に、手首の角度を元に戻すようにしましょう。

コックをマスターして、より飛距離のある、より正確なショットを打てるようにしましょう。