用語集

ガッタバーチャボール

解説

ガッタバーチャボールとは、1845年にイギリスで開発された、ゴルフボールの原型です。

ガッタバーチャは、マレーシア原産の木から採れる天然ゴムで作られています。この木の樹液を乾燥させて固めたもので、弾力があり、よく飛ぶのが特徴です。

ガッタバーチャボールは、それまでの羽根ボールに比べて飛距離が伸び、また耐久性にも優れていたことから、ゴルフの普及に大きく貢献しました。

ガッタバーチャボールは、19世紀末にハスケルボールが開発されるまで、ゴルフボールの主流でした。

ガッタバーチャボールの特徴は、以下のとおりです。

・ 天然ゴムで作られている

・ 弾力があり、よく飛ぶ

・ 耐久性がある

ガッタバーチャボールは、ゴルフの歴史において重要な役割を果たしたボールです。