用語集

ガードバンカー

解説

ガードバンカーとは、グリーンの周囲に配置されたバンカーのことです。グリーンを守るように配置されていることから、この呼び名が付きました。

ガードバンカーは、グリーンへの攻略を難しくするとともに、グリーンの芝を保護する役割を果たしています。

ガードバンカーからのショットは、通常のショットよりも難易度が高くなります。そのため、ガードバンカーに捕まった場合は、次のことに注意しましょう。

・ 慌てず、落ち着いてショットをする

・ 砂を多くすくい上げ、ボールを飛ばすイメージで打つ

・ ボールを直接打つのではなく、砂ごと打つ(エクスプロージョンショット)

ガードバンカーからのショットを上手に打つためには、練習を重ねて、正しい技術を身につけることが大切です。

ガードバンカーは、ゴルフコースの難易度を高める要素のひとつです。ガードバンカーからのショットを上手に打つことで、スコアアップにつながります。