用語集

カットロブショット

解説

カットロブショットとは、ゴルフにおいて、ボールを高く上げ、ランを抑えるショットです。ボールを高く上げるために、クラブのフェースを開いて打つことで、ボールにバックスピンが掛かりやすくなります。バックスピンが掛かることで、ボールは高く上がり、ランが抑えられます。

カットロブショットは、バンカーからの脱出や、グリーン周りのラフからのショットなどに有効なショットです。

カットロブショットを打つ際には、以下のコツがあります。

・ バックスイングで、クラブのフェースを開いて構える。

・ ダウンスイングで、フェースを開いたまま振り下ろす。

・ インパクトで、フェースを開いたままボールをヒットする。

カットロブショットは、練習が必要なショットです。しかし、コツをつかめば、コントロールしやすいショットにもなります。

カットロブショットは、ロブショットの一種ですが、ロブショットはクラブのフェースをスクエアに構えて打つため、ボールにバックスピンが掛かりにくく、ランが出やすくなります。カットロブショットは、ロブショットの一種ではありますが、より高くボールを上げ、ランを抑えたい場合に使用します。