用語集

ダウンスロープ

解説

ダウンスロープとは、ゴルフでボールを打つ際に、自分の足下が下り坂になっている状態です。右利きの場合、左足が下り坂になります。

ダウンスロープでは、ボールの飛距離が伸びやすくなります。これは、ボールが下り坂に沿って転がり出すためです。しかし、ボールが曲がりやすくなるというデメリットもあります。これは、ボールが下り坂に沿って転がり出すため、ボールの軌道が不安定になるためです。

ダウンスロープでショットを打つ際は、以下の点に注意してください。

ボールを左足寄りに置く。

体重を左足にかけて、左足でボールを押し出す。

フォロースルーを大きくする。

ダウンスロープは、ショットを難しくする要素の一つですが、上手くコントロールすれば、大きな飛距離を出すことができます。