用語集

サイン

解説

「サイン」とは、スコアカードに署名することです。

正式な競技会においては、スコアカードはマーカーが記入し、マーカーがサインをして本人に渡します。受け取った本人は、そのカードに書かれたスコアに間違いがないか確認をし、自分のサインをして提出します。こうすることで、正式にスコアが成立する仕組みになっています。

このときのマーカーのサインのことを「アテスト」、プレイヤーがスコアに間違いがないことを確認し承認したサインを「アプルーブ」といいます。アテストとアプルーブのないスコアカードは無効となり、競技失格となります。

また、プライベートでラウンドする際にも、スコアカードにサインをする場合があります。これは、プレーヤーが自分でスコアを管理していることを示すためです。

サインには、以下の2つの意味があります。

・ スコアの正確性を証明する

・ プレーヤーが責任を持ってプレーしたことを示す

サインをすることで、公平で正確な競技運営を実現することができます。