用語集

サイドヒル

解説

サイドヒルとは、飛球線と平行な傾斜地のことです。右利きであれば、ボールの右側に傾斜があり、左足が下がっている状態です。

サイドヒルでは、ボールが左に曲がりやすく、フックしやすいという特徴があります。そのため、ボールをターゲットよりも右に打つように意識する必要があります。

サイドヒルからのショットを打つ際には、以下の点に注意しましょう。

・ ボールをターゲットよりも右に打つように意識する。

・ 左足に体重をかけて、バランスを取る。

・ スイング軌道を右に出るように意識する。

また、サイドヒルからのショットは、ボールに当たる位置も重要です。ボールの上部を打つと、ボールが左に曲がりやすくなるため、ボールの下部を打つように心がけましょう。

サイドヒルは、ゴルフコースによくあるライの一つです。サイドヒルからのショットを正確に打てるようになることで、スコアアップにつながります。

以下に、サイドヒルからのショットを打つ際のポイントをまとめます。

・ ボールをターゲットよりも右に打つように意識する。

・ 左足に体重をかけて、バランスを取る。

・ スイング軌道を右に出るように意識する。

・ ボールの上部を打つと、ボールが左に曲がりやすくなるため、ボールの下部を打つように心がけましょう。

これらのポイントを意識して練習することで、サイドヒルからのショットの精度を高めることができます。