用語集

ソルハイムカップ

解説

ソルハイムカップとは、女子ゴルフのヨーロッパツアーとアメリカツアーの代表選手による対抗戦として、2年に1度行われている団体戦の大会です。大会名はノルウェーのゴルフクラブ製造メーカーピン創業者カーステン・ソルハイムからつけられました。

ソルハイムカップは、1990年に第1回大会が開催されました。当初は、アメリカツアーが圧倒的な強さを誇っていましたが、近年はヨーロッパツアーの台頭が著しく、両ツアーの勢力均衡が図られています。

ソルハイムカップは、女子ゴルフの最高峰の舞台であり、世界中のゴルファーが注目する大会です。

ソルハイムカップの特徴は、以下のとおりです。

・ 2年に1度、アメリカとヨーロッパで交互に開催される
・ 各チームは、12人の選手で構成される
・ 各ホールで、各チームから1人の選手がプレーする
・ 1ホールごとに、優勝したチームに1ポイントが与えられる
・ 最終的なポイント数で勝敗が決まる

ソルハイムカップは、女子ゴルフの人気向上に大きく貢献しています。近年は、世界中のテレビ局で中継されており、その注目度は年々高まっています。