用語集

再ドロップ

解説

再ドロップとは、ゴルフのルールで、ドロップしたボールが2クラブレングス以上転がったり、ホールに近づいてしまったり、障害物に触れたりした場合に、再びドロップする権利を得ることを指します。

再ドロップは、ルールで定められた条件を満たした場合にのみ許可されます。また、再ドロップは、無罰で行うことができます。

再ドロップを行う際は、以下の点に注意しましょう。

・ ドロップする場所は、最初にドロップした場所と同じニアレスポイントから、1クラブレングス以内の範囲内であること。

・ ドロップする際は、ドロップする場所から2クラブレングス以上離れないこと。

・ ドロップする際は、ボールが動かないように注意すること。

再ドロップは、ボールをプレーできる状態にするために、重要なルールです。ルールを理解して、正しく再ドロップをしましょう。

以下に、再ドロップが必要なケースをまとめます。

・ ドロップしたボールが2クラブレングス以上転がった場合

・ ドロップしたボールがホールに近づいてしまった場合

・ ドロップしたボールが障害物に触れた場合

再ドロップは、ルールで定められた条件を満たした場合にのみ許可されるため、注意しましょう。