用語集

サービスホール

解説

「サービスホール」とは、一般的に距離が短めのホールのことを指します。また、全体的にストレートで高低差がなかったり、ハザードが少ないような簡単な攻略しやすいホールのことを言う場合もあります。良いスコアが出やすいことから、このように呼ばれています。

明確なサービスホールの定義があるわけではありませんが、18ホールの総ヤード数が6000~6500yの一般的なゴルフ場の場合には、300y前後のホールがサービスホールとされている場合が多いです。ちなみに、「サービスホール」は和製英語なので、海外では使わないようにしましょう。

サービスホールは、初心者やスコアアップを目指すゴルファーにとって、スコアを伸ばすためのチャンスです。また、上級者にとっては、ショットの精度を高めるための練習場のような役割を果たします。

サービスホールを攻略するコツは、以下のとおりです。

・ 自分の持ち球を把握して、適切なクラブを選ぶ。

・ ターゲットをしっかりと定めて、思い切って打つ。

・ パット練習をしておくと、バーディチャンスを逃さない。

サービスホールを上手に攻略して、スコアアップを目指しましょう。