用語集

サンドウェッジ

解説

サンドウェッジとは、ロフト角が54~58度程度のウェッジで、主にバンカーショットなどで使われるクラブです。

バンカーは、砂地で凹凸のある場所です。そのため、ボールを直接打つと砂に潜ってしまい、思うように飛ばすことができません。サンドウェッジは、ロフト角が大きいため、ボールを砂と一緒に飛ばすことができます。

サンドウェッジを使用する際は、以下のポイントを押さえましょう。

・ ボールを砂の上で、少し手前にセットする。

・ ボールにクラブのソール全体を当てて、砂を押してボールを飛ばす。

・ フォロースルーをしっかりと行う。

サンドウェッジは、バンカーショットだけでなく、深いラフからのショットなどにも効果的です。練習を重ねて、サンドウェッジをマスターしましょう。

サンドウェッジの特徴をまとめると、以下のようになります。

・ ロフト角が54~58度程度

・ 主にバンカーショットなどで使用

・ ボールと砂を一緒に飛ばすことができる

・ 深いラフからのショットにも効果的