用語集

トウヒールバランス

解説

トウヒールバランスとは、パターのウェイトをヘッドのトウ(先端)とヒール(後部)に分散させた構造のことです。トウヒールバランスのパターは、ストローク時のトゥヒール角が小さくなるため、ボールをまっすぐ打ちやすいというメリットがあります。また、トウヒールバランスのパターは、ヘッドの重心がトウヒール方向に偏っているため、トゥヒール角が大きくなるとボールが曲がりやすくなるという特徴があります。

トウヒールバランスのパターは、初心者やスライスが多いゴルファーにおすすめです。また、トゥヒールバランスのパターは、ボールをまっすぐ打ちたいゴルファーにもおすすめです。

トウヒールバランスのパターを選ぶときは、次の3つのポイントを意識しましょう。

トゥヒール角が小さいパターを選ぶ

ヘッドの重心がトゥヒール方向に偏っているパターを選ぶ

自分のスイングに合ったパターを選ぶ

トウヒールバランスのパターを選ぶことで、より正確なパッティングを実現することができます。