用語集

ひっかけ

解説

ひっかけとは、ゴルフ用語で、ボールを打ったときに、ボールが左に大きく曲がるショットを指します。ひっかけは、初心者ゴルファーによく見られるミスショットです。

ひっかけを起こす原因はいくつかあります。一つは、アドレス時にクラブフェースが開いてしまうことです。もう一つは、スイング時にクラブヘッドをボールの左側から下ろしてしまうことです。

ひっかけを防ぐためには、アドレス時にクラブフェースを閉じ、スイング時にクラブヘッドをボールの真ん中から下ろすように意識することが大切です。また、練習場でひっかけを避けるドリルをすることで、ひっかけを防ぐことができます。

ひっかけを防ぐことで、飛距離が伸び、方向性が良くなるようになります。また、ひっかけを防ぐことで、ショットのコントロールもしやすくなります。

ひっかけを防ぐための練習ドリル

アドレス時にクラブフェースを閉じるドリル

アドレス時に、クラブフェースを閉じるために、左手親指を右手人差し指の上に置く方法があります。この方法は、「クロスハンドグリップ」と呼ばれています。クロスハンドグリップを使うことで、クラブフェースを閉じることができ、ひっかけを防ぐことができます。

スイング時にクラブヘッドをボールの真ん中から下ろすドリル

スイング時にクラブヘッドをボールの真ん中から下ろすために、ボールを打つ前に、クラブヘッドをボールの真ん中に合わせるように意識します。また、スイング時に、クラブヘッドをボールの真ん中から下ろすように意識します。

ひっかけは、初心者ゴルファーによく見られるミスショットですが、練習することで改善することができます。