用語集

ピッチショット

解説

ピッチショットとは、ゴルフのアプローチショットの一種です。ボールを低く打ち上げて、グリーンに転がして寄せるショットです。

ピッチショットは、ピンから約10〜30ヤードの距離で使用されます。また、ピッチショットは、ボールを高く打ち上げてピンに近づけるロングアプローチよりも、ボールをより正確にコントロールすることができます。

ピッチショットを打つには、ボールを低く打ち上げるクラブ(ピッチングウェッジやアプローチウェッジなど)を使用し、ボールを左足のつま先に置きます。そして、スイングは小さく、ボールをフェースの中心でヒットします。

ピッチショットは、グリーンに寄せるショットとして非常に効果的なショットです。練習を重ねて、ピッチショットをマスターしましょう。

以下に、ピッチショットを打つためのコツをいくつかご紹介します。

ボールを低く打ち上げるクラブを使用します。

ボールを左足のつま先に置きます。

スイングは小さく、ボールをフェースの中心でヒットします。

ボールを打ち上げるイメージでスイングします。

ボールをグリーンに転がして寄せるイメージでスイングします。

練習を重ねて、ピッチショットをマスターしましょう。