用語集

ヒールボール

解説

クラブフェースのヒール部分にボールが当たったショットのことを指します。ヒールとは、クラブフェースのシャフトに近い部分のことで、スイートスポットから外れた部分です。

ヒールボールは、ボールの飛距離が落ち、スライス回転がかかりやすくなります。そのため、ミスショットとして扱われます。

ヒールボールを打ってしまう原因は、以下のようなものが挙げられます。

スイング軌道がアウトサイドインになっている

ボールの位置がクラブフェースのヒール側にある

クラブのシャフトが寝ている

ヒールボールを打ってしまうのを防ぐためには、以下のポイントを意識しましょう。

スイング軌道をインサイドアウトに修正する

ボールの位置をクラブフェースのセンターに置く

クラブのシャフトを立てて振る

ヒールボールは、ゴルフのスコアアップを阻む要因の一つです。ヒールボールを打ってしまう原因を理解し、対策をすることで、ミスショットを減らし、スコアアップを目指しましょう。

以下に、ヒールボールの特徴をまとめます。

ボールの飛距離が落ちる

スライス回転がかかる

ミスショットとして扱われる

ヒールボールは、ゴルフのプレーにおいて、避けたいショットの一つです。ヒールボールを打ってしまう原因を理解し、対策をすることで、ミスショットを減らし、スコアアップを目指しましょう。