用語集

ヒールトゥデザイン

解説

ヒールトゥデザインとは、ゴルフクラブのヘッドのフェースの形状を、ヒール側とトゥ側で厚みを変えるデザインです。ヒール側を薄く、トゥ側を厚くすることで、ボールをより正確に打つことができます。

ヒールトゥデザインは、フェースの反発力を高め、ボールの飛距離を伸ばす効果もあります。また、ボールのスピンを抑える効果もあり、グリーン周りのショットをより正確に打つことができます。

ヒールトゥデザインは、ドライバーやフェアウェイウッドなどのロングアイアンによく使用されます。また、アイアンにも使用されることがありますが、アイアンでは、フェースの反発力を高める効果の方が重要視されるため、ヒールトゥデザインはあまり使用されません。

ヒールトゥデザインは、ゴルフのスコアを大きく左右する重要な要素です。上手に使用することで、より正確なショットを打つことができ、スコアアップにつながります。