用語集

ヒールダウン

解説

ヒールダウンとは、ゴルフのスイングでボールを打つときに、クラブヘッドのヒール側がボールに当たるミスショットです。ヒールダウンをすると、ボールが左に飛びやすく、飛距離も落ちてしまいます。

ヒールダウンをしてしまう原因はいくつかあります。一つは、スイングがアウトサイドインになっていることです。スイングがアウトサイドインになっていると、クラブヘッドがボールの右から下から上に向かって入り、ヒール側でボールに当たることがあります。もう一つの原因は、グリップが緩んでいることです。グリップが緩んでいると、手首が動いてしまい、ヒール側でボールに当たることがあります。

ヒールダウンを防ぐためには、スイングをインサイドアウトにする必要があります。スイングをインサイドアウトにすることで、クラブヘッドがボールの左から上から下に向かって入り、ヒール側でボールに当たることはありません。また、グリップを強く握ることで、手首が動きにくくなり、ヒール側でボールに当たることはありません。

ヒールダウンは、初心者ゴルファーによくあるミスショットです。しかし、練習を積み重ねることで、ヒールダウンを防ぐことができます。

以下、ヒールダウンの対策をご紹介します。

スイングをインサイドアウトにする。

グリップを強く握る。

ボールをスタンスの中央に置く。

ボールをスタンスの左足寄りに置く。

クラブを短く持つ。

クラブを長く持つ。

スイングをゆっくりと行う。

スイングを速く行う。

ボールを強く打つ。

ボールをゆるく打つ。

ヒールダウンは、練習を積み重ねることで防ぐことができます。また、ヒールダウンを防ぐためには、スイングをインサイドアウトにすることが重要です。