用語集

ギャップウェッジ

解説

ギャップウェッジとは、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフトを持つウェッジです。

ピッチングウェッジのロフトは通常50度前後、サンドウェッジのロフトは通常56度前後ですが、ギャップウェッジのロフトは52度から54度程度に設定されています。

ギャップウェッジは、ピッチングウェッジとサンドウェッジの両方の距離をカバーできるため、セットに組み入れると便利です。

ギャップウェッジは、以下の場面で活躍します。

・ ピッチングウェッジでは飛距離が足りない

・ サンドウェッジでは飛距離がオーバーする

・ バンカーショットでは、ボールが深く埋まっている

ギャップウェッジは、ゴルフのスコアを左右する重要なクラブと言えます。