用語集

ショートパット

解説

ショートパットとは、グリーン上でボールをカップに入れるためのショットのうち、1パットで確実に入れられるくらいの近距離からのショットを指します。

ショートパットの距離は、ゴルファーによって異なりますが、一般的には1メートルから2メートル程度です。

ショートパットは、パッティングの基本であり、ゴルフのスコアを大きく左右する重要なショットです。

ショートパットのコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

・ ボールの中心を正確に捉える

・ ストロークの幅やスピードをコントロールする

・ カップの中心を狙う

・ リラックスして打つ

ショートパットも、練習を積むことで上達させることができます。グリーンでボールを置いて、繰り返し練習しましょう。