用語集

重心高さ

解説

重心高さとは、ゴルフクラブのフェース面から重心までの距離を指します。重心高さが低いクラブほど、ボールが上がりやすく、ミート率が向上します。

重心高さが低いクラブは、インパクトの際に、ヘッドの重量がよりフェース面に集中しやすくなります。これにより、ボールに強いインパクトを与えることができ、ボールが上がりやすくなります。また、ミート率が向上することで、飛距離の向上やコントロールのしやすさにもつながります。

一方、重心高さが高いクラブは、インパクトの際に、ヘッドの重量がよりソール面に集中しやすくなります。これにより、ボールに強いインパクトを与えにくくなり、ボールが上がりにくくなります。また、ミート率が低下することで、飛距離の低下やコントロールの難しさにつながります。

一般的に、ドライバーやフェアウェイウッドは、重心高さが低く設定されています。これは、ボールを遠くに飛ばしたいという需要があるためです。アイアンやウェッジは、重心高さが高く設定されています。これは、正確なショットを打つことを重視しているためです。

重心高さを調整することで、ボールの上がりやすさやミート率を調整することができます。自分のスイングやプレースタイルに合わせて、適切な重心高さのクラブを選ぶことが大切です。

以下に、重心高さとボールの弾道の関係をまとめます。

| 重心高さ | ボールの弾道 |

|---|---|

| 低い | 上がりやすい |

| 高い | 上がりにくい |

また、重心高さが低いクラブは、ヘッドの慣性モーメントが小さくなる傾向にあります。慣性モーメントとは、クラブが回転しにくくなる力を指します。慣性モーメントが小さくなると、クラブが回転しやすくなるため、ミート率が向上する効果があります。