用語集

しゃくる

解説

「しゃくる」とは、インパクトの際に、手首をこねて、フェースの向きを変えてしまうことを言います。

しゃくる癖があると、ボールが右に曲がるスライスや、左に曲がるフックが出やすくなります。また、飛距離が伸びにくくなる、ボールがコントロールしにくくなるなどのデメリットもあります。

しゃくる癖を直すためには、インパクトの際に、手首を固定するように意識することが大切です。また、スイングをゆっくりと行うことで、手首をこねる動作を抑制することもできます。

しゃくる癖を直すには、以下の練習が効果的です。

・ ティーアップしたボールを、手でクラブを握らずに打つ練習

・ ボールを転がしながら打つ練習

・ スイングをゆっくりと行う練習

しゃくる癖を直すことで、飛距離が伸び、ボールがコントロールしやすくなり、スコアアップにつながります。