用語集

失格

解説

「失格」とは、競技においてあらゆる権利を失うことを言います。ゴルフにおけるペナルティは、「◯打罰」といった打数を加算するものか、マッチプレーの場合ならそのホールの負けなどが一般的です。それよりも更に重いペナルティが「競技失格」で、重大なルール違反をした場合は、その競技は失格となります。

失格となる行為はいくつかありますが、最も初歩的なのは「遅刻」です。スタート時間に遅刻した上に、スタート時間を5分以上経過しても第一打を打ってラウンドを開始しなかった場合には、競技失格となります。

その他の失格となる行為としては、以下のものが挙げられます。

・ ルール違反を故意に行う

・ ルール違反を認識していながら、訂正を行わない

・ スコアを不正に操作する

・ 競技にふさわしくない言動や行動を行う

失格となった場合、その競技におけるすべての権利を失い、順位や賞金も獲得することはできません。また、競技失格となった場合、その後の競技への出場停止などの処分を受けることもあります。

失格にならないためには、ルールを正しく理解し、遵守することが大切です。また、ルール違反をしてしまった場合は、速やかに訂正し、競技委員に報告しましょう。