用語集

障害物

解説

「障害物」とは、ゴルフコース上に存在する、プレーの障害となるものを指します。ルール上では、プレーに影響を及ぼす人工物と定義付けられており、その近くにボールが転がってしまった場合は救済処置を受けることが可能です。

コース上に存在する障害物は、動かせるものと動かせないものに大別されます。

・ ・・動かせる障害物・・

・ バンカーレーキ、吹き流し、空き缶、鉛筆、紙屑、たばこの吸い殻、ウォーターハザード・ラテラルウォーターハザードや修理地を定める杭など。

・ ・・動かせない障害物・・

・ カート道路、舗装道路、ベンチ、排水溝のふた、側溝、スプリンクラー、立木の支柱、橋、看板、小屋、コースを仕切る金網や柵(OB区域以外)など。

動かせる障害物は、プレーやスタンスの妨げとなる場合や、プレー線上に存在する時は動かすことができます。一方、動かせない障害物の場合、プレーやスタンスの妨げとなれば救済処置を受けることができますが、プレー線上にあるというだけでは救済は受けられません。

障害物は、ゴルフコースの難易度を高める役割を果たしています。また、プレーヤーの技術や判断力を試す要素にもなっています。