用語集

ショートゲーム

解説

ショートゲームとは、グリーン周り(グリーンから100ヤード以内)で行うショットの総称です。

ショートゲームには、チップショット、ピッチショット、バンカーショット、パッティングの4種類があります。

チップショットは、ボールを転がしてピンに寄せるショットです。ピッチショットは、ボールを軽く浮かしてピンに寄せるショットです。バンカーショットは、砂地からボールを出すショットです。パッティングは、グリーン上でボールを転がしてカップに入れるためのショットです。

ショートゲームは、ゴルフのスコアを左右する重要な要素です。ショートゲームが上手く打てれば、少ない打数でホールアウトすることができ、スコアアップにつながります。

ショートゲームが上達するためには、以下の点に注意しましょう。

・ それぞれのショットの基本的な打ち方を理解する

・ 実際にコースで練習し、感覚をつかむ

・ 様々な状況を想定して練習する

ショートゲームは、練習量と経験によって上達するものです。日々の練習を積み重ねて、ショートゲームの腕を磨きましょう。