用語集

識別マーク

解説

ゴルフの識別マークとは、自分のボールと他人のボールを識別するためにつける印のことをいいます。通常は、マジックペンで点や線などをボールにつけます。

識別マークは、ゴルフのルールで推奨されています。識別マークがないと、誤球のリスクが高まるためです。

誤球とは、自分のボールと他人のボールを間違えて打ってしまうことです。誤球をすると、2打罰となります。

識別マークをつける際には、以下の点に注意しましょう。

・ ボールの中心から離れすぎないようにする

・ ボールに傷をつけないようにする

・ ルールに違反するようなマークをつけないようにする

識別マークをつける習慣をつけることで、誤球を防ぎ、安全でスムーズなプレーをすることができます。

識別マークをつける際の具体的な方法としては、以下のようなものがあります。

・ マジックペンで点や線をつける

・ ボールに名前やイニシャルを書く

・ ボールにステッカーやシールをつけるなど

自分の好みやプレースタイルに合わせて、識別マークをつけましょう。