用語集

グリップ

解説

「グリップ」とは、ゴルフクラブを握る手のことです。

グリップは、ボールを打つための重要な要素であり、正しいグリップを身につけることで、ボールを思い通りにコントロールすることができます。

グリップの種類は、大きく分けて、「Overlap grip」「Interlock grip」「baseball grip」の3種類があります。

「Overlap grip」は、右手の人差し指を左手の親指の上に重ねて握るグリップです。

「Interlock grip」は、右手の人差し指を左手の親指と人差し指の間に入れて握るグリップです。

「baseball grip」は、両手の人差し指を揃えて握るグリップです。

グリップの種類は、人によって好みや握力、手の大きさなどによって異なります。

自分に合ったグリップを探すためには、さまざまな種類のグリップを試してみることが大切です。

また、グリップを握る際には、手の力を抜いて、クラブを握り込むのではなく、クラブを包み込むように握ることがポイントです。

グリップの握り方が悪いと、ボールのコントロールが難しくなったり、スイングが崩れたりする原因になります。

正しいグリップを身につけて、より良いゴルフをしましょう。

以下に、グリップの握り方の基本を簡単に説明します。

  1. クラブを平らな場所に置き、両手で握る。
  2. 手の力を抜いて、クラブを握り込むのではなく、クラブを包み込むように握る。
  3. 右手の人差し指と左手の親指を重ねる(Overlap grip)または、右手の人差し指を左手の親指と人差し指の間に入れる(Interlock grip)。
  4. 右手の人差し指と左手の人差し指を揃える(baseball grip)。

グリップの握り方は、毎日練習することで、より正確に握れるようになるでしょう。