用語集

クォータースウィング

解説

「クォータースウィング」とは、フルスイングよりも小さな振り幅で打つショットを指します。

一般的には、トップの位置を肩のあたりまで抑えることが多いです。

クォータースウィングは、フルスイングよりも飛距離は出ませんが、コントロールが効きやすく、狙った場所にボールを運ぶことができます。

クォータースウィングは、以下のような場面で役立ちます。

・ ラフから打つとき

・ バンカーから打つとき

・ グリーン周りでボールをコントロールしたいとき

・ 飛距離を抑えて、狙った場所にボールを運びたいとき

クォータースウィングを打つ際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

・ アドレスは、フルスイングと同じようにする

・ バックスイングは、肩のあたりまで上げる

・ ダウンスイングは、トップの位置を意識しながら、クラブヘッドを振り抜く

・ フォロースルーは、フルスイングと同じようにする

クォータースウィングは、練習を積むことで上達させることができます。

クォータースウィングをマスターすることで、より戦略的なプレーが可能となり、スコアアップにつながるでしょう。