用語集

クローズドスタンス

解説

「クローズドスタンス」とは、右利きの場合、左足が前に出て、ターゲットに対して身体がやや閉じた状態で構えることを言います。

両足を肩幅に開き、ボールの位置を決めた後、両足のつま先をターゲットラインに向けて構えます。

クローズスタンスにすることで、インパクトの際に、左足から力が逃げにくくなり、方向性が安定しやすくなります。また、飛距離にも優れ、ボールが落ち際にやや左に曲がるドローを打ちやすいというのも利点です。

クローズスタンスは、初心者のスライス矯正にも即効性という意味では効果的です。スライスに悩む人はわざとスタンスをクローズにして(右足を下げれば良い)そのスタンスなりにスイングしてみると違いがすぐに分かるはずです。

スタンスには、他に「スクエアスタンス」と「オープンスタンス」があります。スクエアスタンスとは、両足のつま先がターゲットラインに対して直角に向いているスタンスです。オープンスタンスとは、右利きの場合、右足が前に出て、ターゲットに対して身体がやや開いた状態で構えることです。

クローズスタンスのメリットは、以下のとおりです。

・ 方向性が安定する

・ 飛距離が伸びる

・ ドローを打ちやすい

クローズスタンスのデメリットは、以下のとおりです。

・ 左足が前に出るため、バランスが取りにくくなる

・ スライスを矯正する際には、左足を下げすぎると、逆にフックが出てしまう

クローズスタンスは、方向性を安定させたい、飛距離を伸ばしたい、ドローを打ちたいという人におすすめです。