用語集

アンコック バックス

解説

アンコック バックスとは、ゴルフスイングにおいて、バックスイングでコックした手首を、ダウンスイングで解き放つ動作のことを指します。

アンコック バックスは、ボールにスピードとスピンをかけるためには、欠かせない動作です。アンコック バックスが遅すぎると、ボールに十分なスピードとスピンがかけられず、飛距離が落ちる可能性があります。また、アンコック バックスが早すぎると、ボールが曲がりやすくなる可能性があります。

アンコック バックスのタイミングは、人によって異なりますが、一般的には、トップ付近でアンコック バックスをするのが効果的と考えられています。トップ付近でアンコック バックスをすることで、ボールに十分なスピードとスピンがかけられ、飛距離アップとミスショットの減少につながります。

アンコック バックスを意識して練習することで、飛距離アップとミスショットの減少を目指しましょう。

アンコック バックスを練習する際のポイントは、以下のとおりです。

・ トップ付近でアンコック バックスを意識する

・ 手首を大きく回すのではなく、手首のひねりを解くようにする

・ ボールにスピードとスピンがかけられるようにする

また、アンコック バックスを練習する際は、以下の方法が効果的です。

・ 壁にボールを置いて、ボールを打つ

・ ティーアップしたボールを打つ

・ 練習場で、実際にボールを打つ

アンコック バックスをマスターすることで、ゴルフのパフォーマンスが向上するでしょう。